ツクリンクの技術構成について

みなさんこんにちは!

ここは建設業マッチングサイト「ツクリンク」を運営・開発している株式会社ハンズシェアのエンジニアブログです。これから不定期に「ツクリンク」の中身とか技術面とかについて発信していくのでよろしくおねがいします(╹◡╹)

僕はハンズシェアでエンジニアをしているkyonsuke(きょんすけ)です。バックエンドからフロントまでRailsメインで色々やってたりやらなかったりしています(:3[_____]

ツクリンク技術構成

ツクリンクは今、以下のような構成で開発しています。

  • サーバー側
    • Rails 5.0.1 / Ruby 2.3.3
  • データベース
    • PostgreSQL
  • フロント側
    • HTML5 / SCSS / JS / jQuery / React.js(一部)
  • 開発環境構築
    • Vagrant・Chef
  • デプロイ周り
    • Heroku
  • 自動テスト環境
    • CircleCI
  • CDNなど
    • AWS
  • その他サービス系
    • Github / Slack / Waffle.io

そこそこ新しめの環境だと思いますが、いくつか気になる点もありますね。

まずひとつ。Vagrantについては、VagrantよりもDockerかなと思いますが、Dockerコンテナをそのままデプロイとかしないのであれば、いまいちこれだというメリットが見いだせなくて、Vagrantのままになってます。変えてもいいし替えなくてもいいみたいな状況で、結局変えていません(º﹃º) 暇があったら変えたいですが、その時間があったら…(

ふたつめはReactなどのJS周りについて。ツクリンクで使っているReactは古い記法で書かれていて、JSのパッケージがnpmで管理されてないとか、またJSがES5のままだとか、ちょっと辛みがある状態になっています。ここは変えていきたいですね

最後にRailsに関しては、早い段階でRails4からRails5に切り替えられたので、このあたりはほぼ最新をフォローできている感じでよいかんじです。ツクリンクはRailsになってから2年ぐらいのサービスなので、Rails4から5への切り替えも2週間前後で出来て、余り苦労せずに移行できました。

今後とも継続的にツクリンクを発展させていくために、このような環境の改善も随時行っていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です