文章を書くのが苦手な人の作文術(仕事編)

はじめに


文章を書くのが苦手な人に読んでもらいたい本の紹介です。
その本は理科系の作文技術です。

理科系の作文技術を読むと、
文章で仕事の内容を伝えることができるようになり、
『文章の組み方』や『文章の構成』で正しい伝達ができるようになる。
また、『明快・簡潔な表示』で短い文章で論理的に書けるようになる。

こんな人にオススメ
・文章で仕事の伝達をしている人
・文章を書くのが苦手な人
・人に伝えることが苦手な人

必要な事「だけ」をもれなく記述

仕事との文書を書くときの第一原則は、必要なことはもれなく記述し、必要でないことは一つも書かない

読む相手を考えて書き始める

読む相手が知っている事を書いても、無駄になる

一つの文章は一つの主題に集中する

本来の目的以外の別の主題が混入すると文章の説得力が低下し困惑する

内容の重心を前にする

最初の一文で文章のいいたいことを書く

結論から振り返り、最短経路を見つける

簡明と思われる順序に沿って書くことが大切

文章のうまさより構成

なにがどんな順序で書かれていて、論理的な流れになっているのかが大切

緩衝表現は使わない

「〜と思われる」「らしい」は伝わりずらいく、責任回避的な表示なため仕事の文章では向かない

事実と意見を混同しない

「意見」はあくまでも書き手の意思なので「事実」を書く

短く書くのを意識する

書きたいことは一つの短い文にまとめる
その文で、なにが主題かはっきり書く

誤解できないように書く

一つの文を書くたびに読者がそれをどういう意味でとるかを意識して書く

目で読むための文章と耳で聞く文章は違う

目で見る文章は読み返すことができるが、耳で聞く文章は読み返すことができない

人前で話すときの文章は違う

耳で聞く文章は後で読み返すことができないので伝えたいことは繰り返し伝える

終わりに


難しい本を読むのが苦手な方でも、
理科系の作文技術はマンガ版も出ているのでオススメです!
理科系の作文技術
理科系の作文技術(漫画版)

ハンズシェアでは、エンジニアやデザイナーを募集してます。
部活活動、社内イベント、社外イベント、なども行なっております。
エンジニア
デザイナー

社外イベント
管理画面チラ見せ♡ナイト