2018年 開発部を振り返ってみた!

はじめに

今年も残り1ヶ月をすぎました!
ツクリンクの開発もラスト1スプリントです!!
今年(2018年)の開発部を振り返ってみました。

項目
1. スクラム開発
2. 爆速なリリース
3. 理想の開発チーム
4. KPT
5. ペアプロ
6. モブプロ
7. リモートワーク
8. PR活動
9. 勉強会(もくもく会)
10. 交流会(ボドゲー会)
11. 目標
12. 部長に2018年を聞いてみた


スクラム開発

スクラム開発(ハンズシェア流)をする事で、開発がすごくスムーズになり、チームワークがうまれ、ストレスを感じない(時間に追われない)形で、行うことができました。

ハンズシェア流スクラム開発の流れ
スクラム開発でインターバル期間を設けたらチームが勝手に良くなった話


爆速なリリース

リリースサイクルを早めるためのリリースフロー変更(1イシュー1リリース)の取り組みやリグレッションテスト(E2Eテスト)の自動化により、会員さんにも早く新機能などを届けられるようになりました。

安定してデリバリーするためのテストの取り組み


理想の開発チーム

チームを作っていく中で個人個人が思っている理想の開発チームはどういうのかを出し合い、より良い開発チームを築いていけるようになりました。

理想の開発チームを語る会 〜より良い開発チームを作るための取り組み〜


KPT

プロジェクトオーナー・エンジニア・デザイナー・マーケッターを中心に、2週間に1回続けたいこと(Keep)や問題(Problem)に対する改善策(Try)を出し合い、
より開発をしやすい環境を整えることができました。

チームの生産性が高まる振り返り法“KPT”


ペアプロ

1人よりも2人!
ペアプロを行う事で、タスクの進みが良かったり、お互いの技術を共有したりして、開発のスピードが上がり、また新しい技術力がつきました。


モブプロ

少人数よりも大人数!
あっちの方が早い!こっちの方がいい!などワイワイ話しながら、みんなでスキルのシェアリングをしたり、コーディングルールなんかも決めたりして、みんなの技術力・知識力がより強化されました。

モブプログラミングを実施


リモートワーク

エンジニアの醍醐味リモートワーク!
好きな場所で働けるようになり、みんな楽しくエンジニアライフをエンジョイしてました!
また、夏は猛暑日で熱中症対策などを行うなど、色々と試してました。

猛暑日はリモートワーク推奨にしました!


PR活動

社員募集(正社員・インターン・体験入社)やフィード(イベントレポート・社員インタビュー・取り組み紹介)やイベント登壇をして、より多くの方にハンズシェアをしてもらえるように取り組んだり、新たなメンバーを増やす取り組みを行いました。

社員募集(正社員・インターン・体験入社)
良いプロダクトは良い筋肉から!筋肉体操をしたい筋肉エンジニア募集
Webサービスの設計からデザインまで一貫して関わりたいデザイナー募集!
建設業界を一緒に革新するインターンWANTED!

社員インタビュー
開発統括部長・中村杏
リードエンジニア・湯本 明信
リードデザイナー・長谷川寛明
データアナリスト・高橋知大

イベントレポート
ボドゲ部通信
もくもく会

取り組み紹介
モブプログラミングを実施
理想の開発チームを語る会 〜より良い開発チームを作るための取り組み〜

イベント登壇
管理画面チラ見せ♡ナイトにエンジニアの湯本が登壇しました!


勉強会(もくもく会)

外部のエンジニアさんともくもく勉強して、技術の共有したり、時には筋トレをしたり(笑)
エンジニア仲間がたくさん増えました。

もくもく会
もくもくと筋トレ


交流会(ボドゲー会)

たまには息抜きを!
みんなでワイワイ・ガチャガチャと色々な人たちが遊びに来てくれました。

ボドゲ部通信
ランサーズ×ハンズシェア


目標

個人の目標と会社の目標を擦り合わせ、今後みんなが目指しているものに近づけるようにしていきました。


部長に2018年を聞いてみた

今年は開発部として、様々なことが仕組み化され、かなりモダンな開発チームになってきました。

特にスクラム開発を導入しブラッシュアップしていくことで、マネージャーがタスクを管理してそれをここの開発メンバーが開発していくPush型スタイルから、チームでタスクを管理して各自取っていくPull型スタイルになりました。スクラム開発を導入して半年ぐらいですが、開発チームとして動けるようになってきたなと実感しています。

また、開発メンバーひとりひとりに会社からの期待する役割と本人がやりたい方向性を合わせて目標を設定し、その目標に向かっていける環境を用意することで、私がメインに開発改善の取り組みをしていたときよりもより多くの取り組みが出来るようになりました。その結果が取り組みの数に現れていると思います。開発メンバーそれぞれが主導的に改善を取り組んでいくようになり、行動に主体感が生まれ、よりチーム感が出てきています。

来年も更に改善の取り組みを進め、ハンズシェアにいる全てのメンバーが最高に気持ちよく仕事が出来て、その結果として最高の成果を出して皆で喜び合う。ハンズシェアにいて良かったなと思える。
そんな組織を目指して邁進していきます!


終わりに

振り返ってみると色々な取り組みをしているなーと改めて実感します。
*記事を書いてるmogiはハンズシェアに関わり2年以上が経ちました。
開発部は来年(2019年)も色々な取り組みを行い、よりよい環境新しいメンバー爆速な開発会社ツクリンクを通じて盛り上げて行きます!