2018年 デザイン部を振り返ってみた!

はじめに


今年も残す事、3週間を切りました!
ツクリンク開発もラストスプリント中です!!

前回は開発部の振り返りをしましたが、
デザイナー部は今年(2018年)どんな事を行ったか、
デザイナーのさんだいめに聞いてみました。

項目
1. デザインツールの導入(AdobeXD・Zeplin)
2. UI・UXの改善
3. 写真撮影
4. PR活動
5. デザインしゃべくり会
6. 勉強会
7. 交流会
8. KPT
9. 目標


デザインツールの導入(AdobeXD・Zeplin)

制作のAdobe XD、共有のZeplinを導入。
Adobe XDは簡単にスピーディにデザインをしやすくなり、また外部パートナーさんとの連携が楽になった。
Zeplinはデザインをエンジニアに共有するのが楽になり、photoshopを開かずに、幅や高さ・カラーコードがわかる様になった。


UI・UXの改善

ITリテラシーがまだまだ低い建設業。
ユーザーが迷わない様に、どの導線に何をおけば使いやすいか、何が重要なのかをマーケッターを中心に数字をみてA/Bテストを行ったりしました。
また、ユーザー交流会に参加してリアルの意見を取り入れる取り組みを行いました。


写真撮影

仕事風景やPR活動(イベントレポート・社員インタビュー・取り組み紹介)、
ユーザー交流会に参加して写真を撮り、自ら素材集めをしました。


PR活動

社員募集(正社員・インターン・体験入社)をして、ハンズシェアの新たなメンバーを増やす取り組みを行いました。

Webサービスの設計からデザインまで一貫して関わりたいデザイナー募集!
50兆円市場のB2Bマッチングサービスを育てるWebデザイナー募集
業界の仕組みを変えるデザイナー募集!


デザインしゃべくり会

楽しく、ワイワイと!少人数より大人数!
少人数で考えるよりも大人数にこんなデザインができたけど、どう見えるか意見をもらったり、
このサービスのここイイよね!とか色々とデザインについて、デザイン力がつきました。


勉強会

社内のエンジニアが開くフロント周りの勉強会に参加して、フロントの技術・知識を強化しました。


ユーザー交流会

現場の声は、ユーザーから!
ユーザー交流会に参加する事で、リアルな声を聞いて意見を取り入れることで更に使いやすいデザインを作れるよう取り組みました。


KPT

プロジェクトオーナー・エンジニア・デザイナー・マーケッターを中心に、2週間に1回続けたいこと(Keep)や問題(Problem)に対する改善策(Try)を出し合い、
より開発をしやすい環境を整えることができました。

チームの生産性が高まる振り返り法“KPT”


目標

個人の目標と会社の目標を擦り合わせ、今後、目指しているものに近づけるようにしていきました。


おわりに

デザイン部は今後、さらに自身のスキルアップを通じてスピーディーなサービス開発に繋げていきたいです。
また経営を勉強して、会社が大きくなっていくときの課題を解決する組織デザインの領域にもチャレンジしたいと思っています。