Macで0から開発環境を整えるまでと次の買い換えの為のdotfileの作成

ハンズシェアエンジニアの斎藤です。
今回は新しいMacを使うことになり、開発環境を0から作ることになったのでメモがわりにブログに残しました。
dotfilesをいままで用意していなかったのでこちらも用意することにしました。

全体の流れはこんな感じです。

  1. Homebrewをインストール
  2. git tig caskをインストール
  3. Virtualbox vagrant atom Sourcetree をインストール
  4. github連携
  5. dotfilesを作成

1.Homebrew

  • Xcodeとコマンドラインツールをインストール(ダイアログが起動するので「Get Xcode」)
    xcode-select --install

2.git tig cask インストール

brew install git
brew install tig
brew install cask

3.virtualbox vagrant atom sourcetree

brew cask install virtualbox
brew cask install vagrant
brew cask install atom
brew cask install sourcetree
  • 僕の環境ではvirtualboxをインストールする際にセキュリティエラーが出たので下記の通り対応
  • ポップアップからセキュリティとプライバシーを開いて左下の南京錠をクリック
  • Oracle関連に許可を与える的なやつが表示されるので「許可」をクリック
  • 再度 brew cask install virtualbox
    • 弊社開発環境は古いvagrantのバージョンを使っている為、下記サイトからダウンロードしインストール
    • https://releases.hashicorp.com/vagrant/

4.github連携

git config --global user.name "ユーザー名"
git config --global user.email "メールアドレス"
ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "メールアドレス"

鍵のファイル名やディレクトリ名、パスワードを入力して完了

5. dotfilesを作成

  • GitHub にて username/dotfiles というリポジトリ名で作成
    mkdir dotfiles
  • 開発環境関連のドットファイルを dotfiles/ に移動する(.zshrcとか)
  • githubにプッシュして完了

以上が0から開発環境構築とdotfileを作ってみたでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です